民泊をしたいならairbnbの代行業者に依頼しよう

ウーマン

日常の管理や修繕サポート

女性

マンション管理会社は新築マンションの場合には予め、不動産会社と提携した業者が入っているケースが一般的です。このため、数年経過後に管理組合で見直すことで、大幅にサービスの向上や管理費用の削減なども行うことができます。

More...

マンションの不動産投資

マンション

投資用マンションは収益化することを許された、またはそれを目的としたマンションのことです。もちろん普通のマンションでも収益化は可能ですが、規約で禁止しているところもあるので注意が必要です。このためマンション投資を行うのであれば投資用マンションを選ぶのが無難です。

More...

転勤の時に便利なシステム

部屋

転勤や海外赴任する場合、住宅を持っている人は空き家のまま放置することになります。住宅ローンを組んでいる人は、その状態でもローンを支払うことになります。このような時に利用したいのがリロケーションです。第三者に貸し出すシステムで、多くの不動産管理会社が取り扱っています。家賃をローンに回すことができます。

More...

民泊を始めるときは

説明

どのようなサービスなのか

airbnbとは、部屋を貸し出すホストと部屋を借りたい旅行者を結ぶマッチングサイトです。日本でいう民泊を探せるサイトになります。2008年にアメリカでこのサービスは始まり、現在、世界各国で利用されています。airbnbに会員登録をすることで、部屋を貸し出すことができるようになります。旅行者もサービスの利用には登録が必要です。世界的なサービスの拡大を受け、日本でもairbnbを利用する人が増えています。airbnbは、貸し出す側の部屋のオーナーを旅行者の双方にメリットがあります。部屋のオーナーは、空き部屋を有効活用して副収入を得ることができます。一方、旅行者は、ホテルや旅館よりも安い料金で宿泊できるので、旅行費用を節約できます。

便利な方法

airbnbを利用して民泊を始めると、オーナーは旅行者との対応部屋の管理を自分で行うことになります。普段働いている人がこの民泊の運営業務をする場合、忙しく動かなくてはいけないことになります。こんなときは、airbnb代行業者を利用することをおすすめします。airbnb代行業者では、この民泊の運営に必要な業務を代わりに行ってくれます。時間的な制約のある人でも、安心して民泊を始めることができます。代行業者には、旅行者に貸し出す部屋の清掃、旅行者への鍵の受け渡し、宿泊依頼への対応などの業務を委託できます。この代行サービスはどの業務を管理してもらうのか選択することができます。自分のできることは自分で行い、できないことは業者に依頼するといいでしょう。上手く活用できると、収入アップにつながります。