転勤の時に便利なシステム|民泊をしたいならairbnbの代行業者に依頼しよう

民泊をしたいならairbnbの代行業者に依頼しよう

男性

転勤の時に便利なシステム

部屋

家を第三者に貸し出す方法

仕事の都合で海外へ長期赴任することがあります。そのような場合、保有している住宅やマンションを空き家のまま放置することになります。住宅ローンを組んでいる場合は、空き部屋状態のままでも毎月ローンを支払うことになります。このような時に利用するシステムがリロケーションです。多くの不動産管理会社が提供しているサービスで、赴任している間は第三者に賃貸として貸し出すシステムです。リロケーション制度を利用すれば空き家にせずに済みますし、家賃収入が入ります。住宅ローンがある場合は家賃収入を充てることができます。空き家のまま放置すると建物は劣化しますが、第三者に住んでもらえばそれを防ぐこともできます。海外赴任だけでなく国内の転勤を命ぜられた時も、リロケーションは便利です。

仮入居できる大手が安心

リロケーションを利用する時には管理会社の選び方が大切になります。選ぶポイントは入居者を素早く確保できるかどうかです。貸し出す住宅やマンションの立地条件などによって、入居者が決まらない場合もあります。その場合は賃料を調整するなどして、入居者を見つける必要があります。リロケーションの実績がある管理会社には様々なノウハウや情報を持っているので、多少契約条件が厳しくてもそのような大手に依頼した方が安心できます。また、転貸借型の管理会社と契約すると、家賃滞納保証をしてくれることが多いようです。保証があれば、たとえ家賃滞納者が現れても安定的に家賃収入が得られます。