マンションの不動産投資|民泊をしたいならairbnbの代行業者に依頼しよう

民泊をしたいならairbnbの代行業者に依頼しよう

男性

マンションの不動産投資

マンション

投資用のメリット

不動産投資にはいくつかの種類がありますが、おおまかにわけるとすでに保有している土地を活用するものと、すでに収益化されている土地や建物などを購入して収入を得るものがあります。後者のすでに収益化されているものであればコストも低く抑えられるメリットがありますし、将来の収益性も計算しやすいといったメリットがあります。このタイプの不動産投資でもっとも有利なのが投資用マンションです。不動産投資では所有する不動産を誰かが利用することで収益を得ることができますが、一般的なマンションでは、規約によって利用者が所有者である必要があるといった制限が設けられていることがあります。このため投資を目的とする場合には投資用マンションとして販売されているものを購入することが、トラブルを避ける上でも重要になってきます。

投資費用は

投資用マンションと居住用マンションというのは、いわゆる又貸しの有無や売買のしやすさなどの違いがありますが、投資に必要な費用という面ではそれほど違いはありません。このため最初は投資用と考えずに居住用マンションを購入し、規約で又貸しが許されている場合に賃貸として貸し出して収益を得るという人もいますし、投資用として購入したもののそこで居住するという人もいます。費用としては新築マンションであれば1部屋で1500万円から2000万円程度ですし、中古では1000万円前後で購入することができます。ただ新築にしても中古にしても区分所有の場合にはマンション管理組合に加盟し必要な費用負担をしなければなりませんし修繕も必要になってきます。これらを踏まえた上で投資用マンションを購入する必要があります。